株式会社中萬学院 - 神奈川県・横浜市の学習塾・進学塾

玉井式国語的算数教室 小田原教室(CG中萬学院)
小田原市の学習塾・進学塾 小田原市

スクール情報

更新日:12月28日

小田原教室(CG中萬学院)|小田原市の学習塾・進学塾

TEL
0465-24-2871 0465-24-2871
住所
〒250-0011 神奈川県小田原市栄町1-8-1 Y&Yビル1F

Googleマップ

最寄り駅
JR東海道線・小田急線小田原駅 徒歩3分

アクセス詳細

近隣の教室
平塚教室(CG中萬学院)
受付時間
13:30~19:30
スクール外観

低学年に特化した英才教育カリキュラム!

 

小1・小2・小3生を対象とした「玉井式国語的算数教室」は、最大2回の無料体験授業を実施しております。キャドック王国のゆかいな仲間たちとワクワク・ドキドキのストーリーで学ぶ玉井式国語的算数教室を、ぜひ一度、ご体験ください。

「玉井式国語的算数教室」は小学1・2・3 年生に特化した独自の能力開発プログラムです。オリジナルのアニメーションとテキストで、9歳までに身につけたい「文章・文字から正しくイメージする力」(イメージング力)を養います。「玉井式国語的算数教室ってなに?」「小学校低学年対象の塾ってあるの?」「私立や公立中高一貫校の受験を考えているんだけど…」など・・・詳しくはこちらをご覧ください。
 

 

【対象】小1~小3
【体験期間】
最大2回体験 体験費無料
      オンライン授業でのご体験についてはお問い合わせください。


●受講までの流れ
 ①お問い合わせ・資料請求
   …お電話もしくはホームページからお問い合わせください。
 ②参加手続き
   …現在の学習状況などをお伺いしながら、今後の学習計画を決めていきます。
    その後、体験授業申込書をご提出いただきます。
 ③受講スタート
 

 ※お問い合わせやこちらからのご連絡等は、原則お電話でのやりとりとなります。

体験授業へのお申込みはスクールまでお問合せください。

CG中萬学院 小田原スクールにお電話(TEL:0465-24-2871
 
(電話受付時間 午前11時30分~午後7時30分 日曜・祝日除く)

◆お申し込み方法◆
 ◇お気軽にスクールまでお電話ください。
 ◇Webからも24時間受付可能です。
 
「ご要望など」の欄に「体験授業参加希望」とご入力ください。
 体験授業を申し込む
 ◇詳しい資料のご請求は▼こちらから
 資料請求はこちら

 


国語力・算数力を高める独自のプログラムNEW

「玉井式国語的算数教室」は低学年に特化した独自の英才教育プログラムです。
アニメーションと連動した専用テキストを使い、算数指導を通じて「映像を見る」→「文章を読む」のサイクルを繰り返します。反復トレーニングや公式の暗記ではなく、問題をしっかり読み意味を理解して解くための力・自然と長文を読み解く力を養成します。

 


 

宿題ヒント映像のご紹介

玉井式では毎回の授業で宿題が出ます。
宿題にはその日にやった単元や図形の問題、長文問題も含まれています。
時には図形の問題がイメージできなかったり、
なかなか長文を読み始めることができないことも・・・。

そんな時には、宿題ヒント映像が役に立ちます!

問題番号の上に『冠マーク』のついている問題には、音声付映像での説明・ヒント画像が付いています。
長文の朗読も聞くことができますので、親子で楽しみながら宿題を解いていくことができるのです。
実際に、多くのご家庭で活用していただいているツールとなっています。
宿題ヒント映像についてもっと詳しく知りたい方はスクールまでお問い合わせください。

 

保護者の声をご紹介します

小3生保護者アンケート~「玉井式国語的算数教室」の学びを振り返って~

修了をひかえた小3生保護者の皆様より、これまでの「玉井式国語的算数教室」の学びを振り返ってアンケートにご回答いただきました。いただいたアンケートの一部をご紹介させていただきます。

(2019年11月~2020年1月実施/80名回答)

受講前に期待されたことと、いま実感するお子様の成長について

Q. 玉井式を受講した決め手となったものは?

Q. 玉井式を受講した決め手となったものは?

たとえばこんな成長を期待!

  • 苦手意識をもたず、楽しみながら学習できること(C・Uさん)
  • 「イメージして問題を解く」ことが定着すること(N・Mさん)
  • 答えを出すまでの考え方、導き方を身につけてほしい(よっしーさん)
  • 苦手な文章題を克服して自信をつけてほしい(I・Sさん)
  • 長文を嫌がらずきちんと読めること(N・Mさん)

「玉井式に通われて良かった」と思いますか?
また、お子様にどのような変化がありましたか?


小3生保護者アンケート結果より
(2019年11月~2019年1月実施/80名回答)
※円グラフの99%は「とてもそう思う」「そう思う」の合計です
  • 学校の文章題を短く感じるくらいになったようです。複雑な言い回しの問題と向き合うことで、忍耐強さが生まれたと思います(S・Uさん)
  • 学習に役立つだけでなく、「勉強ができる」という自信にもつながりました(アヤさん)
  • 図形問題が得意になり、楽しみながら問題を解いています(K・Sさん)
  • 今日の授業の出来事や自分の気持ちをきちんと伝えられるようになりました。すごい進歩だと思います(Y・Kさん)

たとえばこんな変化が!

家庭学習の習慣が身についた
週末も規則正しく早起きして、平日も宿題のペースを自分で考えられるようになりました(うーたんさん)
図形問題が得意になった
図形問題が得意になり、楽しみながら問題を解いています(K・Sさん)
粘り強くなった
学校の文章題を短く感じるくらいになったようです。複雑な言い回しの問題と向き合うことで、忍耐強さが生まれたと思っております(S・Uさん)
イメージング力を養えた
読解力・イメージング力が向上したと感じます(S・Aさん)
難しい問題に挑戦する達成感を味わえた
分かることの喜びを経験でき、成長できました(M・Aさん)
順序だてて説明できるようになった
今日の授業の出来事や自分の気持ちをきちんと伝えられるようになりました。すごい進歩だと思います(Y・Kさん)
色々な問題に対して応用がきくようになった
頭で「なぜこうなるのか?」が理解できるようになった(M・Tさん)
「勉強は楽しい」と思える土台作りができた
学習に役立つだけでなく、「勉強ができる」という自信にもつながりました(アヤさん)

家庭学習について
~みんなはどうしている?3年生の宿題の取り組み方~

家庭学習についてのグラフ

これは心がけた・取り組んだ! 宿題を行う時のひと工夫

  • まずは一人で集中してやってもらい、難しい問題は一緒にしています(ぽんちんさん)
  • ヒント映像を見せていました(E・Kさん)
  • 図形などは実際に書いたり作ってみたりして取り組ませました(Y・Nさん)
  • 難しい問題ができたときはほめるよう心がけていました(マンゴーラブさん)
  • 理解できないときは、家族の名前に置き換えると理解しやすいようです(Y・Kさん)

玉井先生の本・アプローチシート・ わくわく玉井式から取り入れたこと

  • 学んできたことを家族に伝えることで復習になり、楽しく学べています(A・Fさん)
  • アプローチシートのコメントは毎週読んで、その週の狙いを把握してから宿題を見ていました(K・Mさん)
  • ピザを切るときに「何分の1の大きさかな」など話したりした(K・Sさん)
  • 興味のある本はどんどん買ったり借りたりして、読書をさせることを意識しました(M・Aさん)

今後の学習に向けて~さらに養い続けたい力~

Q.「玉井式」を終えたあと、お子様にどのような学習を続けさせたいと思いますか?

イメージする力を養う学習

頭の中でイメージする、図に描いて視覚化するという、「玉井式」で教えていただいたことを継続してもらいたいです(N・Kさん)

自分でイメージして問題を解ける力(N・Mさん)

じっくり取り組む力を養う学習

難しい問題もじっくり考えて解いていく力を身につけていってほしいです(R・Kさん)

「あきらめずにしっかりと考えて取り組む」ことをぜひ継続してほしい(K・Yさん)

自律した姿勢を養う学習

「なぜ?どうして?」と自分で進んで深く物事を考えるようになってほしいです(H・Mさん)

「分からないことを調べてみよう」とする気持ちを大切にしてほしいです(O・Kさん)

勉強を楽しむ姿勢を養う学習

学ぶことの楽しさを感じながら、知識を深めることができればと思います(I・Sさん)

これからもいろいろな学習に興味をもって取り組んでもらえたらうれしいです(N・Tさん)

勉強をする習慣を養う学習

学習習慣が身についたので、少しずつ時間を増やしてさらに集中力をのばしたいです(A・Uさん)

塾という場所になれたので、このまま通塾スタイルで勉強をさせていきたいと思います(K・Sさん)

イメージング力は全ての学力の土台 玉井式国語的算数がお子様の未来をひらきます

2回無料体験申込受付中!まずはぜひご体験ください

各教室にて授業2回分無料でご体験いただけます。まずはぜひホームページよりお気軽にお問い合わせください。お電話でのお問い合わせも、各教室または総合案内045-840-1701(受付時間11:30~ 19:30〔日・祝除く〕)にて承ります。

小学4~中3生対象/公立中高一貫・高校受験対策

ページの先頭へ戻る